現在使用中の泰八郎。レンズ交換したのいつだっけ~?

T-105(グリーンササ)2013年12月
T-106(レッドササ)2014年4月

ま、4~5年経っているので、変え時かな?
ちょうど、金子眼鏡店から誕生月15%オフのハガキが届いていたし。

 

な~んてヨユーをかましているフリして、実は切実な問題が。

 

最近、近くのものが見えづらくなっているぞ!

 

と。

特にケータイが見づらい。
小さな文字の資料も。

なので、遠近両用とか用意しなくてはならないお年頃なのかもー。

 

ということで金子眼鏡に行って相談してきました。が、

自分の持っている泰八郎では高さが無いため、遠近両用にした場合、使いづらいかもしれませんね。
だからと言って、泰八郎に読書用のレンズを入れるのはもったないですよ。
安い眼鏡屋さんで読書用を作ったほうがいいのでは?

というアドバイスをいただいたので、まずはT-105を普段使い用として、フツーにレンズ交換してもらいました。

後日、T-105を受け取り&T-106のレンズを交換する段階になって、ふと、同じレンズではなく、サングラスとか偏光レンズでもいいのでは?と、20%くらい薄~くブラウン系の色が入ったレンズにしてもらいました。

左がT-105(フツーのレンズ)、右がT-106 (ちょっとブラウン系のレンズ)

泰八郎謹製

これくらいだったら、仕事でも大丈夫な感じ。気分によって変えられそうです。

 

T-106の受け取りの際、対応してくれた女性のスタッフから「受け取りの際、お会いできないかもと思って、ちょっとお手紙書きました」ってメッセージをいただきました。

そういうちょっと心遣いってうれしいものです。

 

ということで、読書用は安い眼鏡屋さんで作ってきました。(それでも2万くらいしたけど)

Zoff

老眼なので、意識的にちょっとおじさんっぽいフレーム(笑)

ブルーライトをだいぶカットするらしいので、ちょっと黄色っぽい感じに見えるのが難点。
&泰八郎に比べてレンズが大きい分、レンズの反射光が視界に入ってちょっと煩わしい。

でも、小さい文字の資料を見たとき、こんなに見えるんだ~ってちょっと感動しました。

ま、年を取ってくると、いろいろと付き合わなければならないことが増えてくる、ってことね。

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください