今日はダメダメな1日でした。

前回、モーラミャインからパアンにはローカルバスで2時間。午前中にはパアンに到着。
すぐに観光に出かけ、有意義な1日を過ごしたのですが、、、

宿で「明日はパアンに行くんだ」と話したら「一人10,000チャットでボートもあるよ。朝8時半出発で4時間くらいでパアンに着きます」とのこと。

ま、急ぐ旅でも無いし、船で行っちゃう?ということで

Mawlamyine

ガイコク人、10人程度を乗せたチャーターボートでパアンに出発。

Mawlamyine
次来たら、あの橋の向こうにあるお寺から夕暮れ~夜景の写真を撮るぞ!

 

途中、Kawhnat Pagodaと呼ばれる寺院に立ち寄り。

どうやら、1880年代~90年代に3人の起業家、慈善家によって建てられた寺院とのこと。

Kawhnat Pagoda

中に入ると、装飾がとても素敵でした。

Kawhnat Pagoda Kawhnat Pagoda

Kawhnat Pagoda

Kawhnat Pagoda Kawhnat Pagoda

 

ま、こんな観光も込みで4時間なら、ボートで来てよかったかも、と思っていた矢先、ボートのエンジンから異音が発生し、スピードダウン。

あり~、こりゃ到着が遅れるなぁ。
修理してはちょっと走り、また異音がしたらまた修理。

最後には川岸に横付けして、モーラミャインのボート会社に代わりのボートをよこすように連絡。
「代わりのボートが来るまで1時間半くらいここで待っててください。」とのこと。

はぁ~、やれやれ。長い1日になりそうだ。

 

外国人の乗ったボートが何もない集落の川岸に横付けされたものだから、子供たちがワイワイと集まってきます。

Hpa-an Hpa-an

乗客の中には、子供たちとコミュニケーションをとるツーリストも。
う~ん、楽しそう~。

そんな我が家も彼らの輪に混ざろうと、ヨメを誘っても「眠い、眠い」って言って動こうともせず。

なんだよー、せっかく遊べるチャンスなのに。

「そんなんじゃ旅先で体調崩すよ」ってあれほど言ったのにまったく耳を貸さず、旅に出る前の2日間は睡眠時間が2時間くらいだったみたいだし、そんなことしたら睡眠不足はもとより、旅先で体調悪くなっても当然。

昨日あたりから調子を崩していたっぽかったけど、本人が大丈夫って言うから放っておいたけど。

まったく頭に来るよな~。
っちゅーか、我が家の旅のスタイル判ってるんだから、ちゃんと管理してくれよな~。

結局、他のツーリストが子供たちと遊んでいるのを横目に、ダラダラとボートで救援を待つハメになりました。

 

Hpa-an
パアンの聖山、Zwekabin

救援ボートに乗り換え、結局パアンに到着したのは5時前。結局4時間だったのに、8時間半か。

Hpa-an Hpa-an

船着き場は、2年前に泊まった宿の近くで、ヤンゴン行きのバスに乗ったポイントで、前回のTukTukドライバー(Nay Min)の家の前だったのでラッキーだったけど。

 

早速、明日からの観光をお願いするために、Nay Minが住む家にお邪魔してみました。

「2年前、我が家を連れて行ってくれたの覚えてる?」と聞くと、ちょっと考えながら「あの時、船でコウモリを見に行った?」と思い出してくれた様子。

「思い出してくれた?明日と明後日TukTukお願いしたいんだけど」と尋ねると、「申し訳ない、お腹が悪くて明日からヤンゴンに行って手術なんだ」と。

マジでー?飲みすぎ?

いずれにせよ、「TukTUkはオレの友人に頼んでおくから、任せておけ」ということでした。

 

まあ、彼と一緒に行けないのは残念だけど、とりあえず話がついたので一安心。

Nay Minが、「宿までTukTukで送るよ」というので、(前回泊まったAngels Landの近くの)Glory Hotelと伝えると、

「Glory Hotelは政府の命令で閉鎖されたんだ、知らなかったのか?」

マジで~?

Agodaで予約していたけど、そんなメールもらってないし、そもそも閉鎖になったのはいつ?なぜ?

 

とりあえず、一番近くのAngels Landに行って部屋があるかどうか聞いてみよう、と宿に行ってみると、他にも宿を探しているツーリストがスタッフとザワザワ交渉中。

マジか~。Glory Hotelに泊まれなかった人が、みんなAngels Landに移ってきて、満室なのかも。
あ~、午前中にバスで来てたら、Angels Landが満室になる前に対処(チェックイン)できたはず。
どこに泊まるかな~?まあ探せば見つかるだろうけど、町中とかかな?

 

ダメ元で他のスタッフに「Glory Hotelが泊まれなかったので、ここに来た。部屋はあるか?」と聞くと、Glory Hotelのバウチャーを持っているか、と。

Glory Hotelのバウチャーを渡すと、「OK。あなたの部屋は確保されています」とのこと。

マジ~!?

Glory Hotelへ払い込み済みの金額は後日、Agodaと交渉しなくてはならないんだろうな~、Angels Landは3泊で15,000円くらいかな~、と漠然と考えていたのに、予約がそのままAngels Landに横滑りしていたとは。

Glory HotelとAngels Landでは、多少値段が違っていたと思うけど、たぶん数百円の差。
宿探しの手間を考えれば、その差額なんてどうでもいいって。

Hpa-an

スタッフに聞くと、Glory HotelとAngels Landはオーナーが同じなので、予約台帳が管理できている、とのこと。

まあ、Angels Landの空室の数以上にGlory Hotelで予約が入らなければ、Glory Hotelの予約者はAngels Landに移れる、ということなんだろうけど、、、ま、我が家は無事3日間の部屋を確保できたわけだし、他の人のオーバーブッキングを心配したところでどうにもなるわけでも無し。

ちなみに後日、Agodaから「【ホテル グローリー】をお友達におススメしたいと思いましたか?」なんてレビューが来ているくらいだから、Agodaは、閉鎖となって我が家がAngels Landに泊まっていたことを知らないんだろうな。

Nay Minも一安心したみたいで、「明日、友達連れてくるからね」と帰っていきました。

 

Angels Landも部屋が改修されたようで、2年前とちょっと雰囲気が違う感じ。
今日は1日ボートで座っていただけなのに、なんだか疲れました。

 

夜、ヨメが「熱があるかも」っていうので体温を測ってみたら、38度。やれやれ。

前回の時もそうだったけど、旅先で体調崩すのは最近ヨメの方が多いんじゃね?

今回の旅の目的はパアンの聖山、Zwekabinに登ることだったけど(だから、ムドンでKyauktalon Taung Pagodaにもウォーミングアップ的に登ってみた)こりゃ、ヨメのせいで諦めるしかないな。

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください