実は、昨日、チャイティーヨから帰ってヤンゴンの宿から電話したのはオーナーだけでなくもう一人います。

去年、NLD本部で会って、いろいろお世話になったシュエさん。

NLD Education Network Fund-Raising

昨日の予定では、11時出発のバスに乗れば4時前にヤンゴンに到着できるから、ヤンゴンの宿に行く途中にNLDに寄ってシュエさんに持ってきたお土産を渡す、という構想があったのですが、バスが遅れ、ヤンゴンに到着したのは5時。すでにNLDのオフィスは閉まっていて(結局祝日だったから終日閉まっていたんだけど)渡すことができなかった、というのがあって、どうしようか、と。

この日はこれからオーナーと夕食。明日の朝にはチェックアウトし、バンコクへ。もう会う時間が無いよな~。

 

と、ヨメが「じゃあ、このホテルにお土産を預かってもらって、シュエさんが時間があるときに取りに来てもらうってのはどう?」と提案したので、早速シュエさんに電話してみたところ、もちろん、

「エッ!イマ、ヤンゴンニイルンデスカ!」とびっくりして「ゴハン、イッショニタベマショウ」となったのですが、

「今日も人と会う予定があるし、明日はチェックアウトしてバンコクに行く旨を伝えると、

「アス、ナンジノヒコウキデスカ?ナンジニチェックアウトシマスカ?」と聞かれたので、7時ごろと答えると、

「アス、ホテルニ6ジ、イキマス」と。

1年前の年始、ヤンゴンでお世話になったし、その後1月末にヤンゴンに訪れた時は会えなかったけれどもNLD経由でお土産と年始に一緒に撮った写真を渡してきたし、彼は彼なりに我が家のことを気にかけてくれてたのかも。

ちゅーか、朝6時ね。シュエさんにお土産渡して、宿で朝食食べたら、チェックアウトすればちょうど7時ごろかな。

 

と、朝6時にホテルのロビーに出るとシュエさんの姿が。「お久しぶりです!すみません朝早くから。ヤンゴン来ているのに、時間がなくて・・・」とお土産渡しながら話しかけると、「あれ?荷物は?」と。

何のことだろうと思ってると、

「チェックアウトシテ、イッショニゴハン、タベニイキマショー!」

何ー?そういうことなの~!?

急いでチェックアウトして、シュエさんと一緒に朝ごはんを食べに行きました。
「イツモ、トモダチ、クウコウニオクッテイルカラ、ジカン、ダイジョウブネ~」

連れて行ってくれたのは、中華料理。

昨日食べた鴨料理とかまだ、お腹に詰まってるんですケド・・・。
お粥とか、ありがたいな~っと思ってたら、シュエさんが飲茶とかバンバン頼んでくれちゃったので、ちょっと大変でした(笑)

シュエさんに、「この12月、3周年のNLD Education Network Fund-Raisingのイベントやらなかったの?」と聞いたら、どうやら今回はやらなかったみたい。

なんだー、残念。

「去年、連れて行ってくれたNLD Education Network Fund-Raisingの会場で、その夜、Lay PhyuやChit Thu Waiのコンサートがあったでしょ。日本に帰ってから知ったんだけど、見たかったな~。Lay Phyuのコンサートは日本でも見たことあるし、Chit Thu Waiも大好きなんです」というと、「え、そうだったの?」みたいな感じで驚きながらも、この日本人がミャンマーポップスが好きなことを知って喜んでいるようです。

そうなんです。いつの日か、ミャンマーで彼らのコンサート見る機会があったならな~。

 

食後はその足で空港まで送ってくれました。

「コンドクルトキハ、チャントレンラククダサイネ。、オモシロイバショ、イッパイアルカラ、イッショニイキマショウネ。」

了解です。今度ミャンマーに行くときはもう少しヤンゴンの滞在日数を増やして、あらかじめシュエさんに連絡しますね。

 

それにしても今回のミャンマー、だいぶスケジュールに余裕を持たせたつもりだったのに、最後の最後まで充実した、というか濃かった、というか。
自分もヨメも、1日中台無しにするような病気もなかったし、これまでで一番の旅行だったかも。

次回は、今回ほどの完成度は期待できないけれど、やっぱりミャンマーに来ることにするよ。
とことん、とは言わないけど、もう少しミャンマーに付き合うことにするよ。

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください