翌日のボートチャーターも話がまとまったので、それぞれ宿にチェックインし、午後の町を一緒にブラブラすることにしました。

我が家は旅行出発直前、ミャウーの宿のドタバタがあったので、シットウェの宿も予約済だったけど、飛行機から降りてくる外国人がそれほど多くなかったし、予約しなくても大丈夫だったなー。

ちなみに日本人の彼は、Prince Guest Houseに泊まろうかな~ってドライバーに話したら、「Princeはライセンスがないから外国人は泊まれなくなった」と、ドライバーが勧めてきたゲストハウスにチェックイン。

ミャンマーだったらあり得る話かもしれないけどーーー、やり方がまるでインド人の客引き。
ま、これから町をブラブラすればわかることだけどね。

まずは、メインストリートを北上して、我が家がいつも立ち寄る喫茶店へ。
(途中でPrince Guest Houseに寄ったけど、外国人が泊まれなくなっていた。ドライバーの本当の話だったんだー!)

いつも店番をしているお店の娘が我が家に気づいて「いつ来たの?」とか「会えて嬉しい~」と再会を喜んでくれました。

2年前の時は、「前も来ましたよね?覚えていますよ」くらいの英語しか話しをしなかったけど、思いもよらず、再び日本人が来てくれたことが(まあ、実際に彼女に会いに行っているようなものだけど)とても嬉しかったようです。

Sittwe

ということも大事だけど、それよりこれからミャウーへ行ってシットウェに帰ってくるまで行動を共にするだろう、彼の名前をあらためて聞いとかなきゃ

Iくん。京都でWeb系の仕事をしているそうです。

今日、シットウェで1泊し、明日からミャウーで4泊し、シットウェに戻って1泊するまでスケジュールが同じ。
しかもミャウーの宿まで同じ。ちなみにPrince Hotelはagodaを通じて早めに予約していたとのこと。

彼もミャンマーが好きで、写真好きで、3年前にミャウーに訪れた時に撮った写真を配りにやってきた、というあたりも一緒。

ま、何かの縁だし、ミャウー滞在中は仲良くご飯でも食べましょう。

 

喫茶店でゆっくりしたあと、3人で夕方のカラダン川沿いを歩きながらマーケットへ。

みんながみんな、思い思いにカメラを構えてパシャパシャ撮るので、はたから見たら滑稽な日本人旅行者に思えるんだろうなーーー。

でも、シットウェの子供たちの笑顔を目の前にしたら、撮らずにいられないって!

Sittwe Sittwe

Sittwe

あー、この感じ。
ミャウーもそうだけど、シットウェの子供たちもツーリストに対してとてもフレンドリーで、ここで過ごせてよかった~って気にさせてくれます。

Sittwe

そのままブラブラ歩いてマーケットの方まで来たものの、ほとんどお店が開いておらず、あれーーー?

Sittwe

よくよく考えてみると、今日は日曜日。
マーケットは休みなのね。

ほとんど人通りのない市場を通り抜けて、漁港に出ても船はほとんどなし。
あまり活気のない桟橋で夕陽を見てホテルに帰ってきました。

Sittwe

それにしても、イスラム系の人々を見かけなかった気がするけど、それは日曜日で人通りが少なかったせい?
それとも、宗教対立でイスラム系の人々はシットウェから離れたのかな?

 

夜は、宿の近くで地元の人々に人気のあるGisspanadiというシーフードレストランで待ち合わせ。

6時30分でちょっと夕食には早いかな~と思ったけど、すでに地元の人々で満員。

メニューに写真がなくて、何が美味しいのかよくわからなかったけど、とりあえずエビの塩焼きで!
お店のスタッフに何がオススメ?と聞いたら、「メニューの一番最初にあるfried fish fingersだよ。骨もないし。」とのことだったので、それも頼んでみました。

Sittwe

店の照明が暗くしかも緑色だったので、実際目で見て、おいしそー!ということはなかったけど、エビの塩焼きはもちろん、fried fish fingersも美味しいこと!

食欲に火がついて、もっと食べたい~って思ったけど、これまでも油っこいミャンマー料理を食べ過ぎて体調不良になっているので、泣く泣く控えめにしておきました。

ミャウーから帰ってきたら、またここに食べに来よう!

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください