さてさて、年末年始はいつものようにチャイティーヨ。飽きもせず5年連続。(ま、何も考えてないのかも)

ただしいつもと違うのは、今回は30日から1日まで2泊3日にしてみました。

いつもだと、大晦日の夕方にチャイティーヨに到着後、夜までゴールデンロックで過ごして、ホテルで夕食~年越し。
元旦は夜明け前に起きてゴールデンロックで初日の出、すぐに食事して下山、10時発のバスでヤンゴンへ。

といった感じでちょっと慌しいスケジュールだったので、たまにはゴールデンロックでのんびり過ごしたいな~、と。

 

30日は麓の村にあるゴールデンロックに泊まることから、多少ゆっくりめ、9時のバスで出発しました。

Aung Mingalar Bus Station
麦わら帽子たち

ところが、いつもならチャイトーの駅周辺のいつものドライブインでお昼休憩になるのですが、今回はチャイトー手前の全く知らない場所のドライブインへ。

あれ?なんでだろ?
去年撮ったドライブインの娘の写真持ってきたのに~。

同じバス会社を使っているのに契約を変えたのかな?それともいつもより遅い時間のバスだったので、お昼のタイミングに合わせたドライブイン、ってだけなのかな?

来年は8時発のバスにし戻してみよう。

 

 

14時前にキンプン到着。
帰りのバスを予約し、ヤテタウンへ。

ヤテタウンに到着すると、顔なじみの背負子、キンマウェが我が家を見つけてやってきた。
去年、我が家の荷物を背負ってくれた彼女の妹分も一緒。


おっ、久しぶりぃ~!(この写真は、ちょうど1年前だけど)

今日はゴールデンロックホテルに泊まるから背負子は必要ないけど、明日はマウンテントップホテルに泊まるから、明日の朝よろしくね。

 

ゴールデンロックホテルにチェックイン後、昨年、この道を歩きながら撮った写真の主を探しながら(写真を渡しながら)夕方の山頂へ。

   ゴールデンロック ゴールデンロック

ゴールデンロック
また新たに写真を撮らせてもらったり。

 

入山料のチェックポイントでは一昨日、ヤンゴンでチャイティーヨ行きの相談に乗ってあげたK氏の名前を発見。どうやら無事にチャイティーヨにたどり着いたようです。

それにしても、昨年は参拝客や背負子や山頂まで行くトラックの往来が激しかったのに、この閑散とした参道はなんでだろ?
去年はこの参道もミャンマー人の寝床が広がり、歩くのが大変だったのになぁ。

ゴールデンロック
大晦日ではないから?それとも土日ではないからかな~?

ゴールデンロック

夕暮れので空の色が変わっていくゴールデンロックの姿を眺めていると、ゴールデンロックを見上げる回廊がにぎやかな感じ。
気になったので行ってみると、キャンドルサービスの準備中。

ゴールデンロック

おっ、面白そう!我が家もミャンマー人に混ざってセレモニーに参加しちゃおうよ!

ヨメは女性のエリア、自分は男性のエリアでそれぞれ親切なミャンマーの若者に助けてもらいながら、セレモニーに参加してきました。

ゴールデンロック

ミャンマー語でお経を読んで、お坊さんがキャンドルに火をともした後、周りにいる人たちと一緒にろうそくに火をつけてまわります。

いつもは大晦日~元日だけでこんなセレモニーがなかったけど、1日余計に過ごすとこういったイベントもやっているのね。

こりゃ来年も2泊だな。

 

セレモニー終了後、ゴールデンロックにお参りしてきました。

今年も来ましたよ。5年連続ですよ。今年は友人を連れてこなかったけど、日本のツーリスト数名、ゴールデンロックに来るお手伝いをしてきましたよ。
なので来年もいい年になりますよ、ね?

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください