週末、Iron Cross来日公演のチケット購入のついでに、)のCDも購入してみました。

本当はヤンゴンで正規版を仕入れたいけど、まあ正規版を手に入れるのは難しいだろうし、正規版は完売で前回みたいに音質の悪い粗悪品しかゲットできないかもしれないしーーー。

日本ならば海賊版であっても、在日ビルマ人が聴くに耐えうるコピーを作っているに違いない!

しかも今週末は、Iron Crossのライブ!
毎日聴いて、当日まで楽しく待たなきゃ。

ということで、買ったCD(■)

Solo Albums

* 01) Kandaya La Min (Desert Moon) -1993
■ 02) Pin Lal Awl Than(Cry of the Sea)
■ 03) Kandaya PinLel LaMin Aw Than ( Live )-1994
■ 04) Ka Bar Thit Tay (New World Song) -1996
■ 05) Power 54
* 06) Gita Myitzuri
■ 07) Kyein Sar
* 08) Thar Kaung (Prey)-1998
■ 09) Eain Met Kabyar (Dream Poem)-2001
* 10) Late Pyar (The Butterfly)-2003
■ 11) Mummy Myar (The Mummies)-2005
■ 12) Khana Lay Myar (A Few Moments) -2005
□ 13) Bay of Bengal -2008

Various Artist Albums

* 01) 95 Myanmar Billboard Top Hits
* 02) Saw Bwe Hmu A Mhat Ta Ya (2)
* 03) Doe Yae Chit Thu Myar Nae
* 04) Sount Nay Dae Chit Thu Myar
* 05) Chit Thu Dwae Yae Dae Mhat Tan
* 06) Madi Nhit Sone Mhat Myar
* 07) Iron Cross Band Unplugged
■ 08) Iron Cross Band Acoustic
* 09) Tay Myone Nget Ye Hnit Nar Sel (2)
* 11) Yar Su Thit
* 12) LMN

計9枚 オトナ買い(笑)
ま、1枚500円ですがネ。

一応、wikiには、Lay Phyuのオリジナルアルバムが13枚ってなっているけど・・・・、これ以外にVCDとかリリースされているようだし、まだまだ先は長いな~。

いずれにせよ、コレクションが進み始めたのでOKとしましょう。。。。
で気になったのが、今回買ったLay PhyuのCDは正規版なのか、海賊版なのか。

ヤンゴンで買ったLay PhyuのCDは、早い話CD-Rでコピーされた海賊版(ビニールのスリーブに入ったヤツ)で、聴くのもイヤになるくらいの音質でしたが、今回はプラのケースに入って、しかも音源が圧縮されていないもの。

ちゅーことは今回、日本で買ったCDはすべて正規版?
そう思った背景は、ただ単純にプラケースに入っていたからではなく、

* ライナーノーツとか歌詞とかのブックレットに抜け落ちがない。

ブックタイプはブックタイプで印刷されているし、ポスター仕様のブックレットは、そのままCDのサイズに折りたたまれて入っている。
ま、中には相当アヤシイものもありましたが・・・・(笑)

* CDの印刷もキレイとはいかないまでも、製品版らしい印刷がされている。

海賊版だったら、CD-Rメーカーのロゴがむき出しなんだろうけど、これは印刷されている。

* CDのデータ面にキズがはいったり、ちょっと汚かったりする・・・・。

まがりなりにも、日本で作成したコピーならば、CDのデータ面にキズなんてないだろうし、ミャンマーで買うCDはちゃんとしたものでもゴミがついていたりかすり傷とかついているようだし・・・
(ま、本当の海賊版(ビニールのスリーブに入っているヤツ)でもキズがついているので、ナンとも言えないけれど・・・・)

なのでこれがホントウの正規版なのかも~。
裏づけできるようなものは何もありませんが・・・・、検索している中で気になるサイトを見つけました。

ミャンマーポップスを扱うオンラインサイト。
サイトの作りはほとんど同じなので、兄弟店?それとも同じWeb製作会社に頼んだから?

ShweMyanmar
http://www.shwemyanmar.net/catalog/index.php

GoldenMyanmar

なぜサイトが似ているかはともかく、同じCD売っているのに、値段もケースの大きさ(写真なので実際の製品はどうだかわからないけど)も違うのはなぜーーー?

しかも、shwemyanmar.netに至っては、

Why ShweMyanmar is selling Copies?

We have three reasons for this question.
•  Many VCDs (Karaoke and movies) are not available at one store at Myanmar. Especially, more than two years old VCDs.
•  Selling any Myanmar products in the US market is illegal because of the US President’s Burmese Democracy Act 2004.
•  Myanmar never has signed for the international copyright law.
However, we will sell originals when the US lift the Burmese Democracy ACT law or Myanmar signs for the International copyright law in music and arts.

http://www.shwemyanmar.net/catalog/faq.php#faq22

コピーですケド何か?と、堂々と販売中~。
しかも、コピーの方が値段が高いし(爆)

ということからすると、ミャンマーのCDには正規版とか海賊版といった概念自体、あまり気にするものでなく、販売店が売っているもの=正規版なのかもしれませんね・・・・ 💦

ちゅーか、1枚1ドルとか2ドル!
まさに現地価格なんでしょうね。

とりあえず同じモノでも、ジャケット違うし、盤面にキズがあってマトモに聴けない場合もありそうだし、値段も値段だし、両方のお店から買っちゃいそう・・・・。

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください