とりあえず、今一番気になっているコト。

住み替えするにしても、その資金調達方法はどうするのーーー?

現在の家ローンが残っているので、これ以上(数千万の)借り入れはできない。なので、

案1:今の家を売って(現在の家ローンの残高を抹消して)から住み替え先の家ローンを組む。

メリット:
家ローンにかかわる心配はそんなにない。
デメリット:
今の家を売る理由がないうちから、売却するのはどうかと。

案2:安めの土地を買って(それくらいであれば、なんとか今の家ローンがあっても借り入れ可能か?)その後今のマンションを売る。

メリット:
最低限の調達(土地)は確保してから、家を売ることができる。
デメリット:
ではどの程度なら借り入れ可能なのか、その範囲が不明。

案3:住み替え用の家ローン(住み替え先の土地と建物費用を調達してから、今のマンションを売却)を組む。

メリット:
安心して住み替え先を見つけられる
デメリット:
まずもって、そんな都合のいいローンあるのか?あっても条件とか厳しそう。

ということで、今の家ローンを組んでいるS銀行に相談してみたら、

「現在のご自宅の売却、住宅ローンの完済を前提としたお申し込みは可能です」

とのことでした。こんど条件等を聞かなくちゃ。

ちなみに、「・ローン」で検索してみたら、なんかいろいろありそうですね。

そんな中、銀行系の不動産会社(M不動産←こんなのがあったんだ。知らなかったよ)のサイトで、オンライン売却査定なるものがあったので、査定してみた。後ほど、PDFにて回答があったが、

査定価格は、同マンションの売出事例と周辺マンションでの取引事例を基に算出させていただきました。当該地域は売出事例が少なく、また、査定対象のお部屋は角部屋で、約74.25㎡のルーフガーデンがあり、希少性のある物件であると言えます。当該エリアは取引事例があまり多くありませんが、駅徒歩2分の場所に立地している点からも売却した際の引き合いは多く見込めるものと思われます。

ということで、いろいろ係数を含んで算出した結果が、「販売当時の価格-150万前後」。
売出上限価格が、販売当時の価格-40万くらい。

結構手ごたえある数字だったので満足、満足。

ちゅーか、その前にローンの心配しろって。

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください