流浪的単身赴任

この3月に単身赴任7年目に突入しました。

3年を過ぎたあたりから東京に戻る話が出てきているものの、自分が手掛けている仕事の代わりをできる人がウチの会社にいないってことで、毎年この時期になると「早く東京に戻せ」「いや、まだ戻さん」の攻防を繰り返しているようです。

ま、会社から必要に思われていることは悪い話では無いし、
今の仕事は提案⇒開発⇒納品と、自分の成果をはっきり見て取ることができるし、
自分の思い通り、かつ自由にのびのびやらせてもらってるし、
休みたい時に休めるし(シフト制)、

これが本社のデスクワークに戻ったら、なんだか残念な気持ちになりそうだ。

 

っちゅーことで、またまた寮の引っ越し。

研修が終わった新入社員が大挙してやってようなので、今の住んでいるアパート(借り上げ寮)から、新築のアパート(借り上げ寮)へやんわりと立ち退きされました。

これまでは海岸近くの高台にある寮だったけど、今度は東日本大震災の時に推定9mの高さの津波に襲われた場所。

高さ10.7mにかさ上げされた防災緑地のおかげで海は見えないけど、まあ、住めば都っちゅーことで。

&会社までの距離がちょっと(1.5kmくらい?)遠くなるけど、寮費が安くなるし。

設計が同じアパートなので、床や壁、建具の細かい部分は多少異なるものの、配置とか大きさとか全く一緒。

 

引っ越し荷物を箱から出して元に戻してみると、、、う~ん、本当に引っ越ししたんだっけ?って思うほど引っ越しした感が全くしないんですけどーーー。

 

 

それにしても6年間で引っ越し5回目。
(会社の事務所もこれまで4回引っ越し)

① 2012年3月~2014年9月
応急的なプレハブ寮(土地の賃借契約終了とともに立ち退き)

② 2014年9月~2014年12月
J Villageのプレハブ寮(J Village再整備により立ち退き)

③ 2014年12月~2017年6月
築40年くらいの社宅(ムカデに耐えられなくなって転居)

④ 2017年6月~2018年4月
新築のアパート借り上げ寮(新入社員のために立ち退き)

⑤ 2018年4月~
新築のアパート借り上げ寮

次の引っ越しは、、、東京に戻る時かな?

Leave a comment